採用担当だけど質問ある?

現役の採用担当が語る!受かる履歴書・職務経歴書の書き方、面接の受け方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


応募書類の書き方 その4 職務経歴書の書き方

履歴書はフォーマットがある程度決まっているので初心者でも比較的書きやすいのですが、
職務経歴書は白紙からのスタートなので、なかなかそうはいきませんよね。

職務経歴書ってどうやって書けばいいの?という方へのエントリです。



1.自分の経験の棚卸し
エクセルでもワードでもかまわないのですが、>時系列で自分が経験した仕事を書き出してみましょう。
語り言葉でも箇条書きでもかまいません。
この時点では長ければ長いほどOK。後でガンガン削りますが、元は長い方がいいのです。
転職経験のある人は、転職理由なども書いてみましょうね。

2.会社別・部署別(異動した場合)にざっくり分ける
転職経験や異動経験がある場合は、書き連ねた内容を会社別・部署別に分けます。

3.アピールしたい経験を抜き出す
その中でもアピールできる経験をハイライトしていきます。
たとえばプロジェクトリーダーの役割を果たしたとか、新人賞を受賞したとか。

今日のエントリではここまで。
まだまだ続きます。

ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

応募書類の書き方 その3 履歴書のフォーム

履歴書や職務経歴書、どうやって準備してますか?
コンビニや文具店で買ったものを使っている人、やめましょう。

履歴書は既製品でもまぁいいですが、Excelのフォームが世の中にはたくさん無料でダウンロードできますので、なるべくダウンロードしてPCで作ってください。

PCが使えることのアピールにもなります。
これ意外と重要で、手書きだと「この人もしやPC使えないんじゃないの?」と思ってしまうのです。

あと、フォームはできれば自分でカスタマイズすること。
なぜならば学歴や職歴、免許や資格を記入するのに必要な行数は人によって違うし、フォームによっては趣味とか得意な学科とか、どうでもいい項目が幅を取っていることが多いからです。

ではどのような項目を入れればいいのか、次のエントリで解説します。









履歴書用紙(手引書付き)A4JIS様式準拠4枚大型封筒2枚 コクヨ[シン-35J]




クロスカンパニーコレクション

ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


応募書類の書き方 その2 写真

写真の大切さがわかってない候補者は多いです。
まるで極悪人みたいな写真で応募する人もいる。

でもね、採用担当者は写真と書類に書いてあることでしか判断できないわけですよ。
極悪人ぽかったり、写真がひんまがったりしてると、あぁこういう写真を他人に見せても平気な人なんだなと思うわけです。

生まれつき容姿に恵まれない人への差別だ!という意見もあるかもしれませんが、そうじゃない。
写真撮る一瞬くらい、目つきを柔らかくしたり、軽くほほ笑むくらい誰でもできます。
その努力をしない人・他人に自分がどう見られるかがわからない人、という判断です。

証明写真は写真スタジオで撮るのをおすすめします。
やっぱり写りが違うから。
で、データをもらって楽天写真館などで安く焼き増しするのが一番お得です。

楽天写真館:写真プリント12円

ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


応募書類の書き方 その1 心得

応募チャネルについてはだいたい伝授したので、今度は心得。

◆応募時の書類の書き方についての心得について

企業が知りたいのは経験した会社の以下の情報。
ナビへ登録する内容も実際の応募書類(履歴書・職務経歴書)も同じです。

・生年月日
英文レジュメで書かない人いますが、必要です。
ないと非常識と思われます。

・メアド
ヤフーでもいいので記載しましょう。面接日調整のためです。
ただし表示名が「らぶらぶまりりん♪」みたいになってる場合は即直すように。
あと、メアドがふざけすぎなのも避けたほうがいいです。
どちらもかなりいますが、プロに見えません。
会社メールを連絡先にするのも、それが理由でNGにはしないけどちょっと微妙かな~

・社名
基本です。まれに隠す人いますが論外です。
どの会社でどんな仕事してたのかわからないで採用なんてできません。

・就業期間
●年●月~●年●月(●年●ヶ月)のように合計期間もほしい。計算するのめんどい。
ただ、1年11ヶ月とかなら合計期間は書かずに計算させたほうがいいです。
見た目的に1年11ヶ月と2年0ヶ月は印象が全く違います。面接官も人間なので。

・会社規模(従業員数)
これ書かない人多いけど必要です。
書いてない場合で知らない会社なら、ネットで検索します。
ある程度の規模の企業は、あまりに小さな会社しか経験ない転職者を敬遠します。
大企業と中小企業では仕事の進め方が違うからです。

・会社事業内容
ここはなるべく簡潔に。1行で十分。

・担当業務内容
ここは詳しくしかし簡潔に!
箇条書き+詳しく補足、がいいかな。

その他注意点。

・ブランク期間
半年以上ブランクがある場合は何をしていたか補足しましょう。

・アルバイト歴
1年以上ならば経歴に入れてもいいでしょうが、短いならばブランク期間の補足にちらっと書けばいいかな。

・退職理由
「一身上の都合」で良い、という人事もいますが、転職回数が多い場合私は職務経歴書には書いたほうがいいと思います。
人間関係築けなくて問題起こすんじゃないか、飽きっぽいんじゃないかと思っちゃうからです。

・志望理由
めんどいけど会社ごとに書きましょう。職種や担当内容も微妙に変わるし、アピールポイントも変わります。

こんなとこかな。
応募した会社、応募日、応募経路、提供した情報内容、面接日、結果はエクセルで管理!
忘れたころに電話かかってきたりもするので、ちゃんと管理しましょう。
数増えるとほんとにわけわからなくなります。

あと、ナビの求人広告やHPの求人情報ページは印刷しておくこと。
面接直前に掲載期間過ぎて内容が確認できないこともあります。

次回は書類郵送の場合の心得かな。

ギフト専門サイト COCOMO

楽天市場

ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。