採用担当だけど質問ある?

現役の採用担当が語る!受かる履歴書・職務経歴書の書き方、面接の受け方

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


面接の受け方 その1 心得

今回はこれ。

◆面接での心得

面接設定はエージェントを介すか、自ら採用担当とメールや電話で行います。
メールチェックは毎日、電話は留守電設定しましょう。
レス遅いとムカつきます(笑)

面接は原則、平日の日中です。
面接官だって休日出勤や残業減らすように言われてますから。
土日よりは、19:00スタートのほうがマシですが。

無職じゃない限りきついとは思いますが、なるべく有休取って相手の都合を優先させましょう。
あまりダメダメ言ってると、もういいやと諦められるかも。
特に、二次面接以降はマネージャーなどの忙しい人が面接官なことが多いので、なるべく合わせるように。

面接当日は時間に余裕を持つこと。
しかし会社に入るのは5分前まで待ちましょう
15分前とか(新卒だと1時間前とか!)に来る人がいますが、迷惑です。
前の予定があるし、会議室の予約してませんから困ります。
受付しても待つ場所がない会社もあるので、そうなると確実に迷惑がられるし、非常識だと思われます。

迎えに来てくれる人が面接官とは限りませんが、迎えに来てくれたら立ち上がって名前とよろしくくらいは言いましょう。

履歴書や職務経歴書を当日渡す場合は、すぐに取り出せるよう、きれいなクリアファイルに入れておくこと。
また、書類はコピーを取り、当日自分の手元にコピーを起きながら面接を受けましょう。
間違っても面接官の手元にある書類をのぞきこんだりしないように。
メモ取ってますから、見られたくないです。
コピーや手帳を面接中に手元に置く場合は、始まるときに面接官に了解を得るとベター。

面接官が入ってきたら、必ず立ち上がって名前と時間割いてもらえたことを感謝します。
できないとアウトです。でもかなりできない人がいます。

面接の進め方は人により様々ですが、私ははじめに
「大学卒業後のご経歴について、時系列でご説明いただけますか」
と聞いてます。

ざっくり経歴を聞いた後、詳しくつっこんでいきます。
なのでうまくアピールできるよう、練習しときましょう。
詳細バージョンのほか、3分バージョンもあるといいですね。

質問する項目は、
●今後どんなキャリアを積みたいか。
●なぜ転職を考えてるのか。
●どんな職種、業界を受けてるか。
●業務で成果を出したこと。
●業務で苦労したこと。(苦労しつつも試行錯誤しながら成功した話をすること)
●クレーム対応経験。
●退職理由。

て感じ。

他は深堀りしてく質問なので一概に言えません。

退職理由は必ず聞かれます。
同じ理由で辞めないか不安だからです。
人間関係の場合は要注意。人間関係なんてどの会社でもありますから。
できれば前向きな理由(●●の分野について経験を積みたく、前職では叶えられなかったので転職した等)がいいです。
ただ、つっこみますのでちゃんと考えておきましょう。

質問の時間があるはずなので、事前に2、3考えておきましょう。
一次面接では給料の交渉は避けたほうがベターです。
お金にこだわる人は、より高給の会社にすぐ移りますから。

休みや福利厚生の質問も印象悪いです。
自分が配属される可能性のある組織の構成(チームの人数など)とか、次に面接へ進めるとしたらどんな立場の人との面接になるかとか、業務についての具体的な質問にしましょう。
ただ、面接官が人事だと業務についてはざっくりとしか話せません。わからないので。

新卒だと30分くらい質問する人がいますが、KYすぎです。
通常面接は1時間。それを超えてたら気にしましょう。

ヒアリングマラソン特別お試し3カ月コース

楽天市場
関連記事


ランキングに参加しています。
下のバナーをポチっとしていただけると嬉しいです。
にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://eimax.blog.fc2.com/tb.php/7-a8e7cc91
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。